名前 西平 孝史(ニシヒラ タカシ)
住所 岡山県岡山市北区
 (自宅) 岡山市街地を緑で彩る「西川緑道公園」の近く
 (アトリエ) 歴史ロマンのあふれる岡山市郊外 造山古墳の近く
生年 1949年丑年山羊座
職業 彫刻家
興味あること  
  古墳とその時代(吉備の国と日本国家成立の謎)

・1949 ・岡山市に生まれる
・1973 ・京都教育大学特修美術学科彫塑専攻卒 中学校勤務
・1986 ・教職を辞し、彫刻家として「立体創作工房 
アトリエロン・サン」を設立、以後、具象などの
彫刻作品を制作し 依頼があれば造形制作を行う
・1989 ・岡山県スポーツ・文化顕彰の賞牌制作
(以後、毎年1999年まで)
・1992 ・岡山市北区新庄下にアトリエを構え、
「西平立体創作」と改称
・2000 ・具象彫刻を卒業し、新しい作品像を模索
・ノートルダム清心学園清心女子高校「生命」の
授業で、彫刻について講演 (以後毎年継続中)
     ・岡山県トップアスリート賞及び岡山県芸術文化賞の
賞牌制作(以後毎年継続中)
・2006 ・第1回岡山県美術家協会展に、創作開始した
『写実と省略』の新作「Spring』出品
・2008 ・「久山&西平の 生きもの天国」(岡山県天神山文化
プラザ)見て触って 楽しむ展覧会を開催
    等身大サラブレッド「ウイニングラン」発表
・2009 ・野外大型キッズアートモニュメント「はにわ馬、
はにわオブジェ」制作(香川県高松市)
・2010 ・「国民文化祭 岡山」および「県庁アート回廊」に4点
彫刻部門に「Swing Ⅲ」出品
・2011 ・第24回UBEビエンナーレ(日本現代彫刻展)実物大制作
20名に選ばれ,約4mの「温羅」常盤公園に永久設置
・2012 ・第25回UBEビエンナーレ(日本現代彫刻展)模型作品
「いっしょに あそぼ」入選
・2013 ・千足古墳石障「直弧文オブジェ」造山古墳駐車場に設置
・2014 ・岡山市立横井小学校百周年記念 モニュメント「横井鳥-想像の翼を広げて-」
    ・株式会社クラブン岡山支店「サイ 等身大}


Img_a8c9fddae54375c871fc258897926052
アトリエオープンギャラリ
Img_e1b5605c7b52e22b35ace7c0fcfdb4ca
テラスへどうぞ
Img_3916137fe0c8eb6fd1b1f9d82c79125a
入り口を入ると
Img_193ab8ebb6dbb5a31b849e50d7a4882b
アトリエ風景
岡山市在住の外国人の方への情報誌 「あくらAKURA]No,103に西平のことが掲載されました。
(英語版を載せます)中国語・ハングル・スペイン語・ポルトガル語もあります。


People Series: The Sculptor Takashi Nishihira
シリーズ“人”:彫刻家 西平孝史さん


Perhaps you know that there is a big relief entitled "Japonism Okayama" in Yuko Koryu Salon on the fourth floor of Nishigawa Ai Plaza.
This relief was made by Takashi Nishihira.
This time, I paid a visit to the studio of Mr. Nishihira. It is located in the west of Okayama in the quiet foothills near the Tsukuriyama Burial Mound (the fourth largest ancient tomb in Japan).
Within the gardens and the studio, a number of statues are on display.
Q. Why did you think to become a sculptor?
A. I have liked art since I was little. After graduating from university, I was a teacher of art in a junior high school, but I wanted to focus on more production and decided to become a full-time sculptor.
Q. When did you create "Japonism Okayama"?
A. It was in 1992, at the time of the construction of Nishigawa Ai Plaza.
Q. How did you come up with the design?
A: Because it is a salon for friendly exchanges, it has a particular quality of Okayama that is loved by both Okayama citizens and foreign visitors.
Firstly, I wanted this to be an important work that lasts for a long time. Momotaro and muscat grapes are two of the things that Okayama is most famous for, but I wondered what other things could be used to represent Okayama’s unique character.
To that end, I visited Hayashibara Museum of Art whose collection includes many items related to the previous lord of Okayama,Ikeda Clan.
I was particularly attracted to Noh isho (costumes worn for the Noh performances) which made me realize the height of culture of Okayama during Edo period. I came up with the design for Japonism Okayama by referencing what is expressed in the Noh performance costumes.
Using bronze, I depicted the migratory birds that fly in the sky of the Seto Inland Sea, the clouds and the moon in the glow of sunset, the richly growing rice, the grapes and the children playing innocently.
Additionally, I used the beautiful Mannari stone (a kind of granite) which is unique to Okayama.
Q: What is it that you want viewers to feel when they look at the relief?
A: The more contact you have with a bronze relief the better its virtues will be. Most importantly, I want people to touch the relief. I want them to appreciate the height of culture that Okayama has had since the Edo period and good points of Okayama. I want people to come to like Okayama more. If a lot of events based around international friendships and
exchanges are carried out in front of the relief, I will be deeply atisfied.

There are over 100 of Mr. Nishihira’s creations around Japan.
I think that everyone has seen the bronze statue on the post box at the east exit of JR Okayama Station called “Momopi”.
It is a statue of Momotaro lying on its belly and holding a brush.
Q: What were the thoughts behind the creation of the work “Momopi” that is in front of Okayama Station?
A: There is already an image of the strong Momotaro at the front of the station standing with a pheasant and a dog. I thought that students and commuters passing through the station would like to greet a friendly Momotaro who seems to be pondering what to write in his letter.
Q: What do you think is important when creating an artwork?
A: I want to enrich the mind of the beholder more than anything.
To do this, I listen carefully the hopes of people who commission the work when I consider the design. As to the works commissioned by the region,
I consider them as the properties of the region and try to represent a sense of the locality in the works.
Mr. Nishihira is also currently involved in the activities of the "Tsukuriyama Burial Mound Resuscitation Group". This is a meeting of local people to find out more about the burial mound and cherish it as a symbol of the culture of Kibi. Also in the parking lot there, there is a golden statue that Mr. Nishihira produced called "king of KIBI".
While listening to the story of the production of his works that resonate in the mind of the beholder, I strongly felt the passion of the creator. Everyone please try to feel Mr. Nishihira's thoughts and the qualities of Okayama viewing "Japonism Okayama" at the Yuko Koryu Salon on the fourth floor of Nishigawa Ai Plaza.

皆さんは、西川アイプラザ4階の友好交流サロンに「ジャポニズム岡山」という題の大きなレリーフがあるのを知っていますか。このレリーフを作ったのが西平孝史さんです。今回は西平さんのアトリエを訪ねました。それは岡山市の西にある造山古墳(日本で4番目に大きい古墳)の近くの静かな山裾にあります。庭やアトリエの中にはいくつもの立像が並んでいました。
Q 彫刻家になろうと思ったのはなぜですか?
A 小さいころから美術が好きでした。大学卒業後、中学校で美術の教師をしていましたが、もっと制作に専念したいと思い専業の彫刻家になりました。
Q 「ジャポニズム岡山」を製作したのはいつですか?
A 1992年で、西川アイプラザの建築と同時です。
Q デザインはどのようにしましたか?
A 友好交流のサロンですので、岡山らしさがあり、外国の方からも岡山市民からも愛され、長い間
大切にしてもらえることを第一に考えました。
岡山といえば桃太郎とマスカットですが、それ以外の物で岡山らしさを表すものは何だろうかと考
、林原美術館を訪ねました。そこには岡山の殿様だった池田家の物がたくさん集められています。そこにあった「能装束(能をするときに着る衣装)」に惹かれ、江戸時代の岡山の文化の高さに気
きづきました。その能衣装に表現されているものを参考にしてデザインを考えました。
瀬戸内海の大空を飛ぶ渡り鳥、夕映えの月と雲、豊かに実のる吉備の米、果物王国岡山のブドウ、無邪気に遊ぶ子どもたちなどをブロンズ(青銅)で作りました。また岡山特産の美しい万成石も使っています。
Q レリーフを通して何を感じてほしいですか?
A ブロンズは触れれば触れるほど作品の良さが出るので、まずレリーフに触って欲しいです。そして江戸時代から続く岡山の文化の高さ、岡山の良さに気づき、岡山を好きになってもらえたらと思います。レリーフの前で、国際交流関係の行事をたくさんしていただけたら、とても嬉しいですね。
西平さんが制作された作品は日本中に100以上あります。皆さんは岡山駅の東口の郵便ポストの上
で、寝そべって筆を持っている桃太郎の像「ももピー」を見たことがあると思います。
Q 岡山駅前の「ももピー」はどのようなことを考えて作ったのですか?
A 犬や雉を従がえた強い桃太郎の像は、すでに駅前にありました。そこで私は駅前を通る通勤客や学生が挨拶をしたくなる、やさしい桃太郎の像を考えました。筆を持っているのは、手紙にどんなことを書こうかなと考えているのです。
Q 作品の制作で、大切にしていることは何ですか?
A 何よりも見る人の心が豊かになってほしいです。そのために、依頼した人の希望を丁寧に聞
き、デザインを考えます。また地域から依頼された作品は、地域の財産と考え、地域らしさが伝わるようにと考えて作っています。
西平さんは現在「造山古墳蘇生会」の活動にもかかわっておられます。この会は造山古墳のことをもっと知り、吉備の文化のシンボルとして大切にしていこうという地元の人たちの会です。そこの駐車場にも、西平さんが制作した金色に輝く「king of KIBI」の像があります。お話を聞きながら、見る人の心に響く作品の制作に、熱い思いで取り組まれていることを強く感じました。皆さんも西川
アイプラザ4階の友好交流サロンで「ジャポニズム岡山」に触れながら、西平さんの思いや岡山らしさを感じてみてください。