岡山県トップアスリート賞表彰式 賞牌

Img_f2dcc5b8c3ac76be8ec2f400a85f1668
知事から表彰
Img_34ac48fe21c2161ed2f4920977498879
賞牌を手に記念撮影
2017年2月17日に岡山県庁で2016年に世界や日本で活躍された「トップアスリート」と長年スポーツの活動に尽力された方々の「生涯スポーツ功労者表彰」および「マスターズ賞」の表彰式がありました。

2016年は、リオ五輪が開催され岡山県から6人と1チーム(バレー選手5人)が参加されました。
女子バレーの方は、入賞されていたのですでに岡山県スポーツ特別賞が授与されています。
その他の競技に参加された6人が今回スポーツ栄誉賞を授与されました。

賞牌を手にうれしそうな記念写真です。(写真:岡山県HPより)

福岡県 浦山古墳と石人山古墳

Img_30dee921a7a09e8edaa465d678abdd05
石人山古墳トークセッション
Img_8270662df1d2f20c6fe85c8d6730843c
浦山古墳 石室と石棺
Img_668068af957e0f34244ebd6ddbdb314e
浦山古墳 石棺の中から入口を見る
2017年1月22日(日)福岡県八女郡広川町にある、直弧文で有名な石人山古墳

そこの歴史資料館で行われた「石人山古墳トークセッション」に参加してきた

直弧文命名100周年記念と銘打ったこのトークセッションは、2部構成で
 1部は、「石人山古墳の築造年代を考える」をテーマに 司会 佐々木 四十臣 氏
   佐賀大学 重藤輝行氏  宇土市立文化会館館長 高木恭二氏
 2部は、「石人山古墳の被葬者は誰か」をテーマに
   九州国立博物館企画課長 河野一隆氏 岩戸山歴史文化交流館館長 川辻昭人氏

 各先生がたのアプローチがそれぞれで、聞いていてワクワクしました。
 さて、各テーマの結論は?


広川町に行く前に、久留米市にある「浦山古墳」に入ってきました

石棺の中に「直弧文」が彫ってある珍しい古墳です

ちょうど寒さが厳しい折だったので、カビが枯れていて文様がはっきりと見えました

それにしても、こんな狭い石棺の中でどうやって彫っていったのでしょうね、照明もない時代に
彫ってから組んだのか 組んでから彫ったのか  ノミの跡もくっきりと!

ポケストップ

Img_02cb6363824e36dd8644c1a7b7afc9e1
待ち合わせスポットモモピー
Img_125f68d68dd2cc435ba61921a3c0bdda
造山古墳駐車場「吉備の大王」
 最近何かと話題の「ポケモンGO」のポケストップに、西平孝史制作のモニュメントが人気とは全く知らなかった。
 孫たちが教えてくれるまで。

そういえば、最近古墳に興味なさそうな若者たちが「造山古墳の駐車場」にサイクリングがてら来るけど・・・とは思っていたけれど

 野外彫刻としてのモニュメントがこんな形で脚光を浴びるとは思ってもいなかった。

他にも西平のモニュメントがあるかも  ぜひ、このHPの作品マップでさがしてみてください

見つかったら、ご一報を


このページを「最近の話題」に変えました