12月12日(土)10:00~15:00ゴロまで 西平のアトリエで

午前:古代吉備の黄金のデルタ地帯「都宇」って?
         ~都宇の謎を語る~難波武志氏(大山出身)

 12:00~13:00 お昼御飯は、「おでん」「おにぎり」
午後 「ハザードマップからみる岡山総社倉敷の地形と遺跡」
 (1枚のハザードマップにみんなで遺跡を確認しながらおとしていく作業)第2回目

造山古墳の周辺(古くは、備中国 律令時代から20世紀はじめは、都宇と呼ばれ、近代は都窪郡になり今は、岡山市と総社市と倉敷市にまたがる地域)について地道にコツコツなぞ解きをしていきたいと思っています
Img_e4ea1ae04630e4653f7c8a98c109c5df
地形図をみる
Img_4b5ef7aa1280c419ed9e5b16951087be
時代背景を学ぶ
9月12日(土)第10回コフン・カフェ開催
テーマは、ハザードマップから岡山総社倉敷の古代の地形を考える」
 地元の方々が参加してくださったおかげで、昔の河川だった所なので、今でも数メートル掘ると砂地で、きれいな清水が湧く、とか大雨が降ると田がすぐ水につかり川のようになる場所、とか実体験に基づく話がでて、古代の地形を考えるのにおおいに参考になった。話がどんどん遡り、縄文海進の海岸線も地形図に落とし込もうという話にまで!
 コフニストさんの御教示で、ガイドマップにあげている古墳が古墳時代の「前期・中期・後期・終末期」のいずれに当たるのかも確認。単に古墳時代と行っているが、400年にわたる時代が単一ではなく形式も変遷しているので、その区分も大事だと納得。

 午後は、11月3日に造山古墳蘇生会で研修旅行として訪れる「佐紀盾並古墳群」の勉強を行う。
佐紀盾並古墳群は、造山古墳ができる前の時代。謎の4Cともいわれている。
古墳群の大きさと数からいくと一大中心があったことは、たしか。
実際に、歩いてみることでわかることがあるかも。

 タイムアウトのあとは、今進められている「千足古墳の復元」についてに話がいく。
「観光目当ての復元」なのか?「忠実に復元」するのか?どうも対症療法てきな復元のような気がするという意見も。
 同じ復元するなら「岡山の考古学者の粋を集めた復元」であって欲しい、
まちがっても、高松塚古墳やキトラ古墳の二の舞になって欲しくはない、というのが参加者の願い。

次回は、12月12日の予定
Img_d3f22144de0664ea07c82da30e9e4ff4
前方部から後円部を見る
Img_579d3d8db342e7b5665475e447884413
中央部がくっきり
Img_4db0ea7b5f8ed086f04538fa3504d80c
後円部中央に立つ
造山古墳の草刈りが西側を除いて終了したので、上に上がって見た

全体の姿がくっきり見える

普段は草でおおわれてよくわからない、前方部から後円部へ続く平らな中央部もくっきり

後円部は本当に丸いのがよくわかる

葺き石も転がっているのがよくわかる

トノサマガエルが中央部にいた 水もないのに と思っていると
後円部の上がりがけに水が浸み出していた 雨がつづくと水が出るのだろうか

降りがけに後世につくった(最近?)コンクリートの溝にも水が流れている

1600年も経過して、葺き石ははがされ、版築も木の根が入り込み、いろいろなところから
雨水がしみ込むようになっているのだろうか、気になる水の流れ
Img_086c15f7ae6a221230a05a02b58394d9
梅雨の晴れ間(6月29日)、さわやかな空気の中
きれに草刈りされて、前方後円墳だということがよくわかる

造山古墳の全容が、田植えされた田んぼの緑の中に、くっきりと
しかも後円部に比べて、前方部がかなり低いことも

以前は、山にしか見えなかったこの古墳も

伐採が進んだのと、草刈りとで、今が見ごろかも

後円部の先端に立つと、巨大船の先首に立っているような雄大なけしきが眺められます

青々とした田植えの終わった今か、秋の黄金の稲の海の時期か

ぜひ後円部のとっ先で、「愛」を叫んでみてください
Img_2c6456160348d2ebbc297daddf18aaa9
難波氏
Img_eb276757f2834eddda3ebedd181b5863
奥田氏
Img_f43f8dddce0c9c4633652a62c1ad6eae
白石先生
6月13日、ちょっと欲張りな第9回コフン・カフェを開催
最初は、難波次男氏による「謎の4世紀を探る」
中国と朝鮮半島の情勢を踏まえつつ、倭国の対応をひもとく
グローバルでダイナミックな、4世紀の動きをダイジェストで説明
次回は、みんなでフリートークで4世紀を探ることに

2番目は、土器に関しては、右に出る者がいない奥田勝氏による、
足守川流域で採取した弥生時代の土器を実際に手に取りながら解説
参加者全員、触って見て確かめて、実感

お昼は、各自持参の食材でバーベキュウ エゾ鹿肉、本土鹿肉、猪肉、鶏肉、イカ、サザエと豊富な食材 古代米に自家製奈良漬、梅ジャム、ニラ卵わかめスープなどなど

午後は、岡山理科大の白石純先生による「石や土器の分析からわかること」を実際の例を挙げて説明していただく  成分分析で、原産地のおおよその見当がつくということにみなさん納得

8月に、須恵器の窯跡発掘説明会に行く話も

梅ジャムと桃の種で指輪やキーホルダーをつくって来られた、男性参加者
奈良漬も男性参加者
椿の実でつくったブローチ、や自家製酵母で焼いたパン、越しの海の海水塩や自家製エゴマの葉、
などなどみなさん本当に多彩な方々 知的好奇心と行動力のある方々と共に過ごせて、楽しくも充実した一日でした。

次回は、9月12日(土)の予定です