Img_e4ea1ae04630e4653f7c8a98c109c5df
地形図をみる
Img_4b5ef7aa1280c419ed9e5b16951087be
時代背景を学ぶ
9月12日(土)第10回コフン・カフェ開催
テーマは、ハザードマップから岡山総社倉敷の古代の地形を考える」
 地元の方々が参加してくださったおかげで、昔の河川だった所なので、今でも数メートル掘ると砂地で、きれいな清水が湧く、とか大雨が降ると田がすぐ水につかり川のようになる場所、とか実体験に基づく話がでて、古代の地形を考えるのにおおいに参考になった。話がどんどん遡り、縄文海進の海岸線も地形図に落とし込もうという話にまで!
 コフニストさんの御教示で、ガイドマップにあげている古墳が古墳時代の「前期・中期・後期・終末期」のいずれに当たるのかも確認。単に古墳時代と行っているが、400年にわたる時代が単一ではなく形式も変遷しているので、その区分も大事だと納得。

 午後は、11月3日に造山古墳蘇生会で研修旅行として訪れる「佐紀盾並古墳群」の勉強を行う。
佐紀盾並古墳群は、造山古墳ができる前の時代。謎の4Cともいわれている。
古墳群の大きさと数からいくと一大中心があったことは、たしか。
実際に、歩いてみることでわかることがあるかも。

 タイムアウトのあとは、今進められている「千足古墳の復元」についてに話がいく。
「観光目当ての復元」なのか?「忠実に復元」するのか?どうも対症療法てきな復元のような気がするという意見も。
 同じ復元するなら「岡山の考古学者の粋を集めた復元」であって欲しい、
まちがっても、高松塚古墳やキトラ古墳の二の舞になって欲しくはない、というのが参加者の願い。

次回は、12月12日の予定

Comments

Post a Comment


*印は必須項目です
captcha
コメントする