Img_e8b7dcb939ee479ece02df936ba9da4e
雪舟窯
Img_b2528500a87787c7d893c97a87573daf
手元に注目
Img_2b20501a0eb0d234f424160f2d5e7f1f
器試し作成
来年2017年4月16日(日)に造山古墳駐車場で行われる「第3回 造山古墳祭り」

その会場に、造山古墳から出土したという「円筒埴輪」を復元制作し設置するために

お隣の総社市赤浜に窯を構えておられる「雪舟窯」の主、大嶋さんを総勢13人で訪問

造山古墳とは、ほんの一山挟んだだけのすぐ近く
 
大きな工房と窯に一同驚き 人型埴輪や前方後円墳型箸置きなど、さまざまな焼き物が並ぶ

そうめんをいただき、すっかり長居をしてしまったが、
今回の参加者が円筒埴輪や製塩土器を
師匠のご指導のもと、作成することに!

途中経過をまた報告しますが、ぜひ完成をご期待ください

粘土で制作は、9~10月
窯入れは、12月ごろになるそうです

窯入れのときは、ピザ窯でSさんが特製ピザを焼いてくださるそうです。楽しみ!!
Img_b43d2878c988dff00a10bb0265dbb7ce
お昼
Img_7f26c8d9cedaf74f2ee889972c8754be
遺跡の確認
2月27日(土)第12回コフン・カフェ開催

 ハザードマップから起こした、造山古墳を中心とした岡山市・総社市・倉敷市の地図に、縄文時代からの遺跡を落としていく

 「貝塚」はゴミ捨て場にあらず、ということを文献から学び、実際に貝塚を地図上に落としていくと
  縄文時代の海岸線がよくわかる

縄文時代を終えたところで、お昼はアトリエの周辺でとれる野草のテンプラと赤飯、手作りコンニャクとみそ 野草は、セリ・ミツバ・ユキノシタ・ヨモギ・ハコベ・ノビルの6種
コンニャクは、イモから育て、灰汁もお手製、みそは大豆の栽培から始まって、2年物
 漬物は、奈良漬(2年物)とたくあん(今年初めての作とのこと)

 シンプルな食事ながら、豊かな気分になれるお昼でした

 午後は、弥生時代の遺跡と墳丘墓 足守川沿いに集落ができていることがよくわかる

 次回は、6月11日(土)石見から「鬼」の話をしに来ていただくことに
Img_e8528195ee77f1e49bf983acbe09ebbc
総勢23人
Img_1b57c1f7f35e5165dc9698112326c0ed
不思議な空間
Img_1acc41c52757ec875bd25a6a7dcf079b
おでんも用意
第11回コフン・カフェは造山古墳の足元をたどる内容に

古代吉備の黄金のデルタ地帯「都宇」って?
   ~都宇の謎を語る~ 難波武志氏(大山出身) 2015.12.12

文献をベースに、実際に足で踏査された写真を見ながら、都窪郡になる前(都宇と窪屋郡が昭和に合併)の狭い狭い都宇について説明される

 あまり平素考えたことがなかった場所だけに、いろいろな話が出てきて、
おでんをいただいたあとは、質問コーナーに。

 古墳時代から律令時代になるまでに間の人々の暮らしや技術にも話題は広がる

次回は、2月27日(土)
 今回できなかった、古代の地形と遺跡の確認ワークショップを行う予定


12月12日(土)10:00~15:00ゴロまで 西平のアトリエで

午前:古代吉備の黄金のデルタ地帯「都宇」って?
         ~都宇の謎を語る~難波武志氏(大山出身)

 12:00~13:00 お昼御飯は、「おでん」「おにぎり」
午後 「ハザードマップからみる岡山総社倉敷の地形と遺跡」
 (1枚のハザードマップにみんなで遺跡を確認しながらおとしていく作業)第2回目

造山古墳の周辺(古くは、備中国 律令時代から20世紀はじめは、都宇と呼ばれ、近代は都窪郡になり今は、岡山市と総社市と倉敷市にまたがる地域)について地道にコツコツなぞ解きをしていきたいと思っています
Img_e4ea1ae04630e4653f7c8a98c109c5df
地形図をみる
Img_4b5ef7aa1280c419ed9e5b16951087be
時代背景を学ぶ
9月12日(土)第10回コフン・カフェ開催
テーマは、ハザードマップから岡山総社倉敷の古代の地形を考える」
 地元の方々が参加してくださったおかげで、昔の河川だった所なので、今でも数メートル掘ると砂地で、きれいな清水が湧く、とか大雨が降ると田がすぐ水につかり川のようになる場所、とか実体験に基づく話がでて、古代の地形を考えるのにおおいに参考になった。話がどんどん遡り、縄文海進の海岸線も地形図に落とし込もうという話にまで!
 コフニストさんの御教示で、ガイドマップにあげている古墳が古墳時代の「前期・中期・後期・終末期」のいずれに当たるのかも確認。単に古墳時代と行っているが、400年にわたる時代が単一ではなく形式も変遷しているので、その区分も大事だと納得。

 午後は、11月3日に造山古墳蘇生会で研修旅行として訪れる「佐紀盾並古墳群」の勉強を行う。
佐紀盾並古墳群は、造山古墳ができる前の時代。謎の4Cともいわれている。
古墳群の大きさと数からいくと一大中心があったことは、たしか。
実際に、歩いてみることでわかることがあるかも。

 タイムアウトのあとは、今進められている「千足古墳の復元」についてに話がいく。
「観光目当ての復元」なのか?「忠実に復元」するのか?どうも対症療法てきな復元のような気がするという意見も。
 同じ復元するなら「岡山の考古学者の粋を集めた復元」であって欲しい、
まちがっても、高松塚古墳やキトラ古墳の二の舞になって欲しくはない、というのが参加者の願い。

次回は、12月12日の予定