Img_f558b11c5bcbfd6b2d0292265a478879
王塚古墳レプリカ前室入口
Img_0739a26a4ebcf4976ccaa46cf3a5703f
五郎山古墳レプリカ前室
Img_98252990b708afebd5efcc3dbeb869c9
描かれた文様の再現
2018年9月7日、広川町へ行く前に福岡の装飾古墳めぐり
博多からJR福北ゆたか線に乗り換え 桂川駅へ けいせんと音読み(一つ手前の駅も大分はだいぶ)
歩いて大塚古墳をみて(中を見るには、5日前までに予約必要)調査の後復元するとこうなるという見本(覗き通路と窓、外は芝生と階段など)
雨も降ってきたので大塚装飾古墳館へ
平日の午前、貸切状態でゆっくりと見学
圧巻は、なんといっても実物大に復元した石室内 その彩色された文様は素晴らしいものでした
中に入って、体感できるのが本当に良かった(本物は、もう色あせてよく見えないし、中に入ってその大きさや空間を体感することもできない)

桂川駅からは、昨年の豪雨で不通になったままの筑豊本線の代替バスに乗って筑紫野市原田(はるた)へ このバスも貸切 いたるところに土砂崩れのあとが見られました

雨も降るので、飛び込みでレンタカーを借り、五郎山古墳館へ
ここも実物大に復元した石室内に懐中電灯を持って入りました その石の大きさに驚かされます
でもここまでするかと驚いたのは、車いすの方も体感できるようにと、石室の左側が移動して通路ができたところ(上記真ん中の写真の左側石の下に切れ込みが入っている)
また、描かれた文様を立体で再現しているところも。

ビジュアル化にいろいろと工夫されているのですね

そのあと、九州歴史資料館にも行ったのですが、見たかった展示室は工事中で閉館(来年度には見られるとのこと)でも中庭を取り囲むように、発掘の工程やその後の処理、保存、分析などの埋蔵文化財の仕事が外から見られるようになっていたのは、驚きでした。わかりづらい仕事をオープンにされていることに感心しました

4時閉館の時間を気にしながら、すぐ近くの小郡市埋蔵文化財センターへ
数分過ぎていましたが、入れていただけ、しかも岡山理科大学考古学研究室卒の学芸員さんに説明していただき、時間も忘れて直弧文とその祖先の文様に、話が盛り上がりました

Img_e8b7dcb939ee479ece02df936ba9da4e
雪舟窯
Img_b2528500a87787c7d893c97a87573daf
手元に注目
Img_2b20501a0eb0d234f424160f2d5e7f1f
器試し作成
来年2017年4月16日(日)に造山古墳駐車場で行われる「第3回 造山古墳祭り」

その会場に、造山古墳から出土したという「円筒埴輪」を復元制作し設置するために

お隣の総社市赤浜に窯を構えておられる「雪舟窯」の主、大嶋さんを総勢13人で訪問

造山古墳とは、ほんの一山挟んだだけのすぐ近く
 
大きな工房と窯に一同驚き 人型埴輪や前方後円墳型箸置きなど、さまざまな焼き物が並ぶ

そうめんをいただき、すっかり長居をしてしまったが、
今回の参加者が円筒埴輪や製塩土器を
師匠のご指導のもと、作成することに!

途中経過をまた報告しますが、ぜひ完成をご期待ください

粘土で制作は、9~10月
窯入れは、12月ごろになるそうです

窯入れのときは、ピザ窯でSさんが特製ピザを焼いてくださるそうです。楽しみ!!
Img_b43d2878c988dff00a10bb0265dbb7ce
お昼
Img_7f26c8d9cedaf74f2ee889972c8754be
遺跡の確認
2月27日(土)第12回コフン・カフェ開催

 ハザードマップから起こした、造山古墳を中心とした岡山市・総社市・倉敷市の地図に、縄文時代からの遺跡を落としていく

 「貝塚」はゴミ捨て場にあらず、ということを文献から学び、実際に貝塚を地図上に落としていくと
  縄文時代の海岸線がよくわかる

縄文時代を終えたところで、お昼はアトリエの周辺でとれる野草のテンプラと赤飯、手作りコンニャクとみそ 野草は、セリ・ミツバ・ユキノシタ・ヨモギ・ハコベ・ノビルの6種
コンニャクは、イモから育て、灰汁もお手製、みそは大豆の栽培から始まって、2年物
 漬物は、奈良漬(2年物)とたくあん(今年初めての作とのこと)

 シンプルな食事ながら、豊かな気分になれるお昼でした

 午後は、弥生時代の遺跡と墳丘墓 足守川沿いに集落ができていることがよくわかる

 次回は、6月11日(土)石見から「鬼」の話をしに来ていただくことに
Img_e8528195ee77f1e49bf983acbe09ebbc
総勢23人
Img_1b57c1f7f35e5165dc9698112326c0ed
不思議な空間
Img_1acc41c52757ec875bd25a6a7dcf079b
おでんも用意
第11回コフン・カフェは造山古墳の足元をたどる内容に

古代吉備の黄金のデルタ地帯「都宇」って?
   ~都宇の謎を語る~ 難波武志氏(大山出身) 2015.12.12

文献をベースに、実際に足で踏査された写真を見ながら、都窪郡になる前(都宇と窪屋郡が昭和に合併)の狭い狭い都宇について説明される

 あまり平素考えたことがなかった場所だけに、いろいろな話が出てきて、
おでんをいただいたあとは、質問コーナーに。

 古墳時代から律令時代になるまでに間の人々の暮らしや技術にも話題は広がる

次回は、2月27日(土)
 今回できなかった、古代の地形と遺跡の確認ワークショップを行う予定


12月12日(土)10:00~15:00ゴロまで 西平のアトリエで

午前:古代吉備の黄金のデルタ地帯「都宇」って?
         ~都宇の謎を語る~難波武志氏(大山出身)

 12:00~13:00 お昼御飯は、「おでん」「おにぎり」
午後 「ハザードマップからみる岡山総社倉敷の地形と遺跡」
 (1枚のハザードマップにみんなで遺跡を確認しながらおとしていく作業)第2回目

造山古墳の周辺(古くは、備中国 律令時代から20世紀はじめは、都宇と呼ばれ、近代は都窪郡になり今は、岡山市と総社市と倉敷市にまたがる地域)について地道にコツコツなぞ解きをしていきたいと思っています