Img_a350807f0d3cce5dfe69a8034f7df794
直弧文文様
2016年は、古代の幾何学文様「直弧文」で明け暮れました

2017年も「直弧文」で1年が始まります


 福岡県八女郡広川町が町をあげて石人山古墳の直弧文を見直し、
 未来へとつなげる財産としてとらえ活動していく「元年」となるそうです

 ちょうど「直弧文」が発見され名付けられて100年!!


 最近の話題で取り上げていきます

 
Img_b96ca69c1fcfc3a0acce04aea224161d
直弧文アート研究所
2016年11月吉日 「直弧文アート研究所」をアトリエ内に立ち上げました

古墳時代の幾何学文様「直弧文」を「アートの目」で捉える試みから出発して
ワークショップを行う中で決めました。

次回、直弧文アートワークショップは、下記の日程で行います

今年度は、一応これで区切りとし、来年度(2017年平成29年度)は、
また初級から開催する予定です


・2017年2月8日(水) 10:00~12:00  中級コース
・同上         13:30~15:30  上級コース
・2017年2月9日(木)  10:00~12:00  上級コース

場所 岡山県生涯学習センター(三学ぱる)創作・研修棟 ミーティングルーム

Img_9f47c9d199d0838eedb8fb6c5bca74e8
直弧文アートワークショップ第2弾
Img_27c422fe1e27abbe2ac3ec02bb52f2f5
直弧文アートのあゆみ
「第3回立体・彫刻 OKAYAMA 展のご案内」 2016

展覧会の期間 12月6日(火)~11日(日)9:00~18:00(最終日は16:00まで)
会場 岡山県天神山文化プラザ 第2展示室(地下)

立体造形 彫刻が会場に並びます


「直弧文アートワークショップ第2弾のご案内」

11月に参加者に好評でした、直弧文をアートとしてとらえて解明するワークショップの
第2弾を展覧会の会期中に行います

 今回は、11月と同じ内容の初級コースと次の段階の中級コースを行います
・12月8日(木)10:00~12:00 中級コース
・12月8日(木)13:30~15:30 初級コース
・12月9日(金)10:00~12:00 初級コース(8日と同内容)
・12月9日(金)13:30~15:30 中級コース(8日と同内容)
場所:岡山県天神山文化プラザ 第1会議室(3F)
参加費:500円

*会場の岡山県天神山文化プラザは、塗装工事のため地下入口からご入場ください

お問い合わせは、西平まで



Img_725966eba9756356f01005c10e53642f
直弧文の形
Img_05e9dd33b2dafb8ac4b8220a442b691a
パターンが見えてきました
11月10.11.12日の3日間、「見てさわる直弧文」のワークショップを行いました。 2016


1日目は、少々欲張りすぎたので、2日目は改善したテキストを使用。

「直弧文」を良くご存知の方から、はじめて聞いたと言う方まで、いろいろな方が参加してくださり
今後の展開に向けて、大変参考になりました。

モニターになっていただいた方、本当にありがとうございます。

次回は、「彫刻・立体・OKAYAMA」の展覧会中に行う予定です。

 会場 岡山県天神山文化プラザ 第1会議室(3F)

 12月8日(木)10:00~12:00 中級コース
 12月8日(木)13:30~15:30 初級コース(11月と同じ内容)
 
 12月9日(金)10:00~12:00 初級コース(1日目と同じ内容)
 12月9日(金)13:30~15:30 中級コース(1日目と同じ内容)

「彫刻・立体・OKAYAMA」の展覧会は、同じく岡山県天神山文化プラザ 第2展示室(地下1)
 直弧文に関する作品を出品予定です

 直弧文 ちょっこもん
 英語で表現すると Chokkomon Symbolic Patterned Carving of Kofun period

 とでもなるのでしょうか

 今から1600年も前 卑弥呼(200年代)と聖徳太子(600年代)の間、400年ごろに生まれて消えていった、幾何学文様!
 
Img_240cc6504b726395e63d76298c44f9b6
千足と石人山古墳
2016年11月13日(日)午後1時より 岡山市内は「第2回おかやまマラソン」で1万6千人の方々がフルマラソンに挑戦されている中、ここ岡山県天神山文化プラザでは、岡山県美術家協会展の最終日、彫刻・デザイン・工芸などのギャラリートークが行われました。

会場のロビーにおかれた「直弧文球儀」を鑑賞しながら、千足古墳(岡山県岡山市)石人山古墳(福岡県八女郡広川町)の直弧文について、そのデザインや変遷、現在の状況など作家の熱いトークが行われました。

この波紋が、これからどのように広がっていくか楽しみです。